ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違い

ノンシリコンシャンプーの違い

最近のブームは「ノンシリコンシャンプー」ですよね。

「ノンシリコン」というくらいだから、「シリコン」の入っていないシャンプーのことです。
では、「シリコン」というのは髪によくないってことなのでしょうか?

シリコンシャンプーの特徴

シリコンといわれる成分が配合されています。

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シロキ
  • シリカ
  • メチコン

これらの成分が髪の毛をコーティングして、指通りがよくなります。
洗浄力の強い成分の入っている高級アルコール系シャンプーの場合、洗浄力が強すぎて、ギシギシしてしまうので、それを補うために配合されている場合が多くなります。
つまりは、強い洗浄成分を配合しなくてもちゃんと汚れが落ちるのであれば、必要のない成分なのです。

シリコンシャンプーのメリット

  • 髪が広がるのを抑えてくれる(シリコンの重みで髪が落ち着く)
  • 艶がでる
  • 指通りがよくなる

シリコンシャンプーのデメリット

シリコンシャンプーを使い続けるということは、ずっと髪の表面がコーティングされているということなので、パーマやヘアカラーの浸透が低くなります。
今流行のトリートメントタイプの白髪染めなども染まりにくくなります。

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットは?

070d165f10d062e352c70e3b7b5a861_l

シリコンシャンプーのまったく反対のことを考えればOKです。

  • 髪や頭皮に刺激が少ない
  • 髪が軽くなって、根元からふわっと立ち上がってボリュームのある髪に

まとめ

シリコンシャンプーの方がいい人

  • 髪が広がりやすくて、落ち着かせたい人
  • さらさらした指通りにしたい人

ノンシリコンシャンプーの方がいい人

  • 髪の毛が細くて、根元からボリュームを出したい人
  • 敏感肌で頭皮が弱い人
最後に注意しなければならないことは、ノンシリコンシャンプーを使うのであれば、コンディショナーもノンシリコンのものを選ばなければ意味がないので、ここはよく注意しましょう。
同じシリーズのものでも、シャンプーはノンシリコンなのに対して、コンディショナーはシリコン入りのものもありますので気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です